calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

categories

archives

Management License Program Vol.4

JUGEMテーマ:ビジネス

JUGEMテーマ:今日の日記

 

【部下と上司の視点】〜だから不祥事は無くならない〜

 

ご訪問いただきありがとうございます。

ビジネス心理コンサルティングの梶浦正典です。

 

普段、「なんでも相談にのるから、ドンドン言ってこい!」という上司に、

  • 新しい企画を提案したら、「全然業界のことがわかってない!勉強不足だ!」と、ボロクソに言われた。
  • トラブルの報告をしたら、「なんでそんなミスをするんだ!」と、なじられた。
  • 会議で自分の意見を述べたら、「俺が言いたいことはそういうことじゃない!」と全否定された。

⇒ この上司は信頼できない。もう二度と、提案するのも、意見するのも、相談するのもやめよう。

  言われたことだけをやって、とにかく、怒られないようにしよう。

 

カウンセリングをしていると、このような部下の立場の方からの相談は、非常に多いです。

一方で、上司の方からの視点は、全く違うものになります。

 

  • 自分のやるべきことを何もやっていない。現実逃避して、新規提案に逃げている。これはしっかりと教育しなければならない。
  • 何度も繰り返し指導したはずのミスを、またやっている。報告のタイミングも遅い。これはしっかりと教育しなければならない。
  • 会議での発言も、視野が狭い。全体が見えていない。明らかに経験不足、勉強不足。これはしっかりと教育しなければならない。

 

上司の言っていることも『正しい』。

決して「悪意」で部下に接しているわけではなく、むしろ、部下への「期待」「優しさ」なのかもしれません。

 

一方で、部下が、「この上司は信頼できない」と感じてしまったことも『事実』なのです。

 

こうして、現場におけるトラブル、問題点が上層部にあがってこない組織ができあがっていきます。

現場の正確な情報が入っていないのですから、経営は判断を誤りやすい。

そして、経営方針が、現場からすると、突拍子もない理想論に見えてしまうのです。

 

さて、この重大な問題のスタート地点は、上司は、部下の話を『聴いているつもり』だということなのです。

 

部下の話を「聴いているつもり」だし、未熟でおろかな部下を「優しさ」や「熱意」から指導してやっているつもりなので、どんな「スキルテクニック系」の研修を受講しても、『俺はできている』という認識なので、修正のしようがないのです。

 

Management License Programでは、まず、「上司の方が、優しさや熱意から、真剣に部下にかかわっていること」を受け入れたうえで、『聴けていない自分に気づく』ということを徹底的に行います。

周囲の人から見ると、自分はどんな人間に見えているのか。

非常にショッキングな内容からスタートします。

 

人間、自分が気づかないことは、修正のしようがないからです。

気づいた時に、初めて、コントロールが始まるのです。

 

〜【事例△悄杪海〜


【数々の実例に基づくワークで、実務に活かせるマインドを引き出すManagement License program
無料体験セミナー開催!
https://jinjibu.jp/seminar/detl/41247/


全5回で、部下のココロ、家族のココロ、身近な大切な人たちのココロをつかみ、モチベーションを引き出せるようになる「ココロの運転免許取得講座」

オープンセミナースタート!

http://www.kokuchpro.com/event/ea2de6acca7feb7d9eb7acd58bdd62c8/

 

***ビジネス心理コンサルティング ***
*******BMC*******
梶浦正典より

 

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック

当サイトの画像や文章、コンテンツを、転載・二次加工することを禁じます
Copyright (C) 2010 ビジネス心理コンサルティング All Rights Reserved.