calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

『現場で必ず活きる!管理職研修』

JUGEMテーマ:ビジネス

JUGEMテーマ:今日の日記

 

ご訪問いただきありがとうございます。

ビジネス心理コンサルティングの林 恭弘です。

 

<研修で習得した理論とスキルが

                    現場ではなぜ活きないのか>

 

スキル(技法)やテクニックが活きるためには上司の狄祐峇儉瓩飽るのです。

 

まず「信」とは相手(部下)を「信頼する」こと。

それは相手がこちらの何等か都合の良い条件を満たすであろうという「信用」ではありません。無条件で相手の存在や可能性、成長性を信じることではないでしょうか。

 

二つ目の「認」とは、必ず相手にも良いところ、素晴らしいところがあるはずです。そのような心の目で常に相手を見つめることです。

 

そして「任」とは、たとえ能力が充分ではなかったにしても、任せてもらえるからこそ相手は意気に感じて「やってみよう」「あきらめずにやり通してみよう」と思うはずです。

 

このような3つの心で相手と向き合うからこそ、相手の話を心から聴き、適切な場面で気付きを提供する質問が生まれ、相手の成長と成功を支援することができるのです。

 

『言語コミュニケーションの前に決まっている』

ここまでが前回のおさらいでしたが、相手に対する影響は「言語コミュニケーション(顕在的)」の前に決定しているのです。それが狄祐峇儉瓩任后

 

人間はじつに敏感に物事を察知しています(動物はもっと敏感でしょうけれど)。特に人間関係においては「嫌われたくない」「見放されたくない」という不安や心配を、組織で働く人たちは持っているものです。

だから上司との関係においても相手が「自分をどのように見ているか」「思っているか」「評価しているか」を、敏感に感じ取っています。

「いやいや、私はそのような素振りは出していませんから」と言ったって、心の中の状態は必ず表出して相手に伝わっているものです。

 

「コミュニケーションは言葉だけではない」と、いつもお伝えしているのですが、当人の心の状態が(潜在的コミュニケーション)すでに相手に伝わっているということです。

コミュニケーション・スキルやコーチング・スキルを活かす、あるいはレベルアップさせるなら、磨くべきは表面的なスキルではなく、「ココロ(人間観)を磨く」以外に方法はないということです。

 

経営者・人事担当者・研修担当者の皆さま

8月25日15時より、東京駅八重洲口で

「業績に直結するビジネス心理コンサルティングの研修」を体感していただける無料体験講座を開催します!

経営者・人事担当者・研修担当者の方限定となりますが、ぜひ!ご参加ください!

http://www.kokuchpro.com/event/7446dd3c6eb2f94d07653a8a2065753f/

 

***ビジネス心理コンサルティング ***
*******BMC*******
林恭弘より

 

 

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック

当サイトの画像や文章、コンテンツを、転載・二次加工することを禁じます
Copyright (C) 2010 ビジネス心理コンサルティング All Rights Reserved.